商 号 株式会社平山造船所
代表取締役 平 山 文 丈
本社・工場 〒314-0408 茨城県神栖市波崎8294番地1
TEL.0479-44-1523 FAX.0479-44-1595
資本金 1,500万円(授権資本金3,000万円)
創 業 文化14年(西暦1817年)
従業員数 15名
事業内容 アルミニウム軽合金製船舶・鋼船の建造並びに修繕・保守
建造船種 取締船・消防艇・旅客船・海洋土木調査船・大中型巻網漁船・タンカー・作業船・プレジャーボート
沿 革
文化14年 平山傅五郎が造船業(木造船)を創める
大正10年 平山文助が代表者となる
昭和15年 戦時下の日本政府の行政指導により企業合同を行い、有限会社波崎造船所を設立。
平山文助が社長に就任
昭和23年 平山造船所開業(代表  平山文助)
昭和37年 平山五郎が代表者となる
昭和38年 木造船体から鋼船体へと変わり、鋼船第1号進水
昭和43年 鋼船建造設備拡充のため、全天候型作業工場を建設し200G/T船台を設置
昭和49年 経営基盤強化のため、資本金500万円にて株式会社平山造船所を設立
平山五郎  社長に就任
昭和63年 船材としてのアルミ軽合金を研究、アルミ軽合金船第1号船進水
平成2年 横浜税関アルミ軽合金製監視艇建造納入
平成5年 資本金1,000万円に増資完了
平成7年 平山健夫  社長に就任
平成12年 資本金1,500万円に増資完了
平山健夫   海の記念日に運輸大臣表彰を受賞
平成13年 平山勝弘  社長に就任
平成15年 防衛省陸上自衛隊航空機用水上標的船納入
平成16年 平山勝弘  海の記念日に関東運輸局長賞を受賞
平成17年 防衛省陸上自衛隊動力ボート納入
平成18年 ウォーター・ジェット推進方式船第1号船進水
平成19年 国産初となる49t型アルミ軽合金製屋形船第1号船進水
平成27年12月 平山文丈 社長に就任
主要取引先
(順不同・敬称略)
財務省横浜税関
国土交通省関東地区整備局
海上保安庁第三管区海上保安本部
防衛省(陸上自衛隊・航空自衛隊)
茨城県 霞ヶ浦北浦水産事務所、那珂水系ダム管理事務所、県立海洋高校
神栖市 取手市
はさき漁業協同組合 大洗町漁業協同組合 銚子漁業協同組合
(株)石田丸漁業 (株)大隅工業 太田海運(有) 鹿島石油(株)
鹿島埠頭(株) 鹿島臨海産業(株) (有)神栖埠頭
商船三井テクノトレード(株) (株)清八屋漁業 (有)銚子海洋研究所
銚子杉野(株) (有)濱進(屋形船) 芙蓉総合リース(株) 丸全昭和運輸(株)
三国屋建設(株) 三菱化学(株) 三菱化学物流(株) (株)不動丸
(有)阿波屋漁業 (株)大師丸 (株)ダイトーコーポレーション
取引金融機関 常陽銀行 波崎支店
千葉銀行
銚子信用金庫 波崎支店
茨城県信用組合 波崎支店