< 絵の中に絵が、またその絵の中に・・・ >