題名        通 い 路

 内容

  

葦原日記など6編の短編集からなる。芦原日記は第67回コスモス文学賞・ 中篇小説部門新人賞受賞作品。通い路は竹久夢二の銚子での夏の恋を描く。 

 左指吸いつつ眠る幼な児の 右手に握れる どんぐりふたつ 

  

 

 著者       市田 祥子

 装画       岩井 みつる

 サイズ     ほぼB6判 214ページ

 発行所    (株)近代文芸社

 定価       1,500円 (送料250円

     

     

 題名            絆

 内容

 

 

 

 著者       市田 祥子

 装画       岩井 みつる

 サイズ    A5判 201ページ

 定価       1,000円 (送料250円)

 

野水仙など3篇の短編と詩・エッセイからなる。・・・逃げなさい。おえい・・・姉はまばたきもせず、えいの・・・。絆は、3 代にわたる僧籍の御先祖を偲びつつ、四季折々の思いをつらね、現実と幻想の織りなす小説。

 

 

              

  題名          つゆくさ

  内容   市井に生きた一女性の短歌集

 

 生れて消ゆ 消ゆる花火に重なりて 生れる花火をみつつおののく

 

 著者         岩井 志津

 サイズ     B6判  243ページ 

 発行者        岩井 みつる  

 定価   

この歌集は無料です。市井に生きた一女性の体温を感じていただければ幸せです。ただし送料250円はご負担をお願いいたします。

 

 お申し込みは、こちら

岩井みつる装画の本の紹介です。歌集のプレゼントも。